部屋の模様替えを行いました

こちらは昔からハウスダストのアレルギーがあります。
大人になってどんどん、冬の寒さとドライで鼻風邪を引き易くなってしまいました。

そこで、通年内鼻声になってしまいました。
すでに何年もこの状態なので、こういうサウンドが当り前のようになってしまっています。

近頃、温かくなってきたので、部屋の模様替えを行いました。
なので、長年敷いていたカーペットを試しに取ってみました。

フロアのフローリングが表に思え、実に部屋が大きく、オープン感が生まれました
それと共々ホコリが貯まりがたくなり、アレルギー様子がちょっぴり改善したような気がします。

部屋のオーバーホールをこまめにやり、物を減らしてホコリを溜めないようにすることも、アレルギー性鼻炎の様子を改善する対策だ。
それはわかっていたのですが、本当にフローリングのフロアとしてみないと、大きな違いはわかりませんでした。

今後はさらに、様子を改善するためにもっとスッキリとしたブランクにかけていきたいと思います。
フロアのくずやホコリが際立つようになったので、こまめに掃除をするようになりました。

また、家具の上にも何も置かなくなったため、ここもこまめにオーバーホールをしています。
掃除をするところ物を移動しなければいけないといった、オーバーホールが厄介になってしまいます。
そうするとホコリが多くなり、アレルギーがひどくなって仕舞うことを痛感していらっしゃる。

オーバーホールをしていない部屋に入るという、一気に鼻が返答してしまい、アレルギー様子が出てしまいます。
そっちの先住民も鼻アレルギーなのですが、それが原因だと思っていないのか、自分では掃除をする俗習がありません。

自分の病気は自分で素因を作っていることがほとんどです。
元気を維持していくためにも、それではラフファッションいる部屋からこまめにオーバーホールや処理を通して行くことが必要だと感じています。

方は自分で引力の原因に気がつかないとどうにも貫くですし、習慣づけるのは耐え難いのかもしれません。スルピリドの通販購入

コメントを残す